WORK[事例・実績]

友愛医療センター 外観

03友愛医療センター

豊見城中央病院さまは、これまで急性期医療や24時間の救急医療などの高度医療を担い、災害拠点病院、地域医療支援病院の取得など地域の中核的医療機関として長年地域に根付いた医療を行ってこられました。しかしながら、築30年を超え施設の老朽化など様々な観点から新築移転することを決定し、「救急医療の充実・災害に強い病院づくり・専門医療機能強化・集学的がん治療体制確立」を特徴とし、友愛医療センターとして新たに開院いたしました。
REO第4号案件として、2020年8月1日に開院しております。

エネルギーサービスシステムの特徴

友愛医療センターさまに提供しているエネルギーサービスは、REOが1次エネルギーの調達、設備の保有※1、「電気・冷温熱・給湯・蒸気※2」の2次エネルギーの供給、運用管理等を行うサービスとなっております。本エネルギーサービスの特徴は以下の通りになります。

  • 特別高圧での2回線受電により、1回線停電時でも高い供給信頼性を確保している
  • ピーク電力の6割を確保する非常用発電機と、72時間運転を可能とする重油タンクを設置し、災害時でも医療サービス継続を可能とする万全のMCP(医療継続計画)対策を実施
  • 蓄熱槽を活用した災害時のコミュニティタンク※3利用
  • 蓄熱槽不能時でも蓄熱用ターボ冷凍機を直送化切替により供給力確保
  • インバータスクリューチラーの熱回収システムを活用した高効率なエネルギー製造
  • 津波対策として、機械室、電気室を2Fに配置

※1電気設備や熱源設備などエネルギーに係る設備

※2冷熱・温熱:冷暖房に利用
給湯:入浴等に利用
蒸気:医療器具の滅菌や消毒等に利用

※3蓄熱槽内の水を災害時の消防用水や生活用水に利用

設備概要

機械設備
能力 台数
インバータターボ冷凍機 400RT 1台
水熱源スクリューチラー 150RT 2台
水熱源熱回収スクリューチラー 130RT 1台
ガス焚冷温水発生機 400RT 1機
ガス焚貫流ボイラ 2.5t/h 3台
蓄熱槽 1700m2 1槽
電気設備
能力 台数
特別高圧設備 2回線本予備受電 1箇所
高圧電気設備(サブ変電所) 2箇所
非常用発電機 1250kVA 2機
水熱源スクリューチラー

水熱源スクリューチラー

デシカント空調

デシカント空調

貫流ボイラ

貫流ボイラ

特別高圧電気設備

特別高圧電気設備

高圧電気設備

高圧電気設備

非常用発電機

非常用発電機

エネルギーサービスプロバイダ(ESP)を導入し、設備の保有から運転・メンテナンス、そのための人員確保など、エネルギー周りの煩わしさを軽減し、本来のビジネスに集中することを実現した事例を紹介します。

エネルギーサービス採用事例・実績紹介

(2020年7月現在)