WORK[事例・実績]

サンエー石川シティ 外観

05サンエー石川シティ

サンエー石川シティ(以下、石川シティ)さまは、沖縄県内で3番目に人口が多い都市であるうるま市石川にて、2020年8月1日オープン予定の大型商業施設となります。「人とまちと幸せを結ぶ場所」というコンセプトの基、衣・食・住の充実した品揃えを実現しております。運営者であるサンエーさまは1970年5月に設立され、地域に密着した総合小売業を展開しています。沖縄の特性を熟知し、各セクションの専門性を高めながら、総合力を活かすことで「お客様と幸せを共感し、真に信頼される企業」を目指しています。

エネルギーサービスシステムの特徴

石川シティさまに提供しているエネルギーサービスは、REOが1次エネルギーの調達、設備の保有※1、「電気・冷熱※2」の2次エネルギーの供給、運用管理等を行うサービスとなっております。本エネルギーサービスシステムの特徴は以下の通りです。

  • ゼロ負荷対応を含め高効率インバータターボ冷凍機3台を導入し、空調用冷水を安定的に供給
  • 停電への対策として、予備電源線を敷設し、高圧2回線を受電
  • 災害時に備え、非常用発電機2機および最大20時間稼働可能となる容量を備える燃料タンクを設置

※1電気設備や熱源設備などエネルギーに係る設備

※2冷熱:冷暖房やデシカント空調用に利用

主な設備概要

機械設備
能力 台数
インバータターボ冷凍機 350RT 3台
電気設備
能力 台数
高圧受電設備 2回線本予備受電 1箇所
高圧電気設備(サブ変電所) 3箇所
非常用発電機 625kVA 2機
ターボ冷凍機

ターボ冷凍機

高圧電気設備

高圧電気設備

冷却塔

冷却塔

非常用発電機

非常用発電機

エネルギーサービスプロバイダ(ESP)を導入し、設備の保有から運転・メンテナンス、そのための人員確保など、エネルギー周りの煩わしさを軽減し、本来のビジネスに集中することを実現した事例を紹介します。

エネルギーサービス採用事例・実績紹介

(2020年7月現在)